どうすれば行きたいと思わせるような塾にすることができるでしょうか。

中国の塾事情

集客と経営を成功させる

最初は雇われ講師として働いてから独立して塾を開業するのはよくあるパターンです。
兄弟が複数いる場合もし気に入ってもらえるなら芋づる式に生徒は増えますが、全く逆のパターンもあります。
あまり成績があがらなかったので塾を変える人も少なくありません。
必ずしも塾が原因ではないはずですが、そうなることもあるのです。
ではどのように集客するといいでしょうか。
チラシによる宣伝は昔からある方法です。
無料体験入学も人気があります。
また月謝にお得感を反映させることも必要です。
親をひきつけると同時に子供をもひきつける必要があります。
子供は比較的単純ですからちょっとしたアイディアで引き寄せる事ができます。
子供が行きたいといえば親も同意してくれることもしばしばあります。
よほどの教育ママでないかぎり、子供の意見を尊重するはずです。
どんな形態の教師であれ教える事には大きな責任が伴います。
特に多感な時期は吸収力もあるので教師としてのレベルのほかにも人間性についても求められています。
またそもそも学校で一日勉強してからさらに勉強するのですから、生徒の注意力をひきつける力量も必要です。
そのため面白い先生は人気があります。
人は笑うとリラックスします。
リラックスすると勉強が頭に入ります。
そして今度はいつおもしろいことを言ってくれるのだろうかと集中するようになります。
そうして自然に授業全体に注意を向けるようになるので学習の効果はアップします。

おすすめリンク

Copyright (C)2017中国の塾事情.All rights reserved.